​ヴァルハラリハセンターは専門的なスタッフによる個別的な

機能の評価・リハビリテーションを行い機能改善を目指します。

理学療法士としての勤務経験が

理想のリハビリテーション特化デイサービスを

開設したいと思った理由です。

開設者 野崎 円

 高齢者社会が加速し様々な問題に直面している現在ですが、元気な高齢者が社会の一躍を担っているとも私は考えます。

その元気な意欲的な高齢者が自分の思い描く生活を長く続けれるように何が自分に出来るかと日々考えさせられております。

私は急性期医療~生活期に関わっていく中で現在制度上、継続的なリハビリテーションの実施が制限されているという現実が存在し改善がまだまだ可能な方に満足なリハビリテーションを提供出来ないという葛藤の中で日々業務にあたって来ました。

 介護保険制度を利用することで継続してリハビリテーションを提供出来ると考え訪問看護ステーションを開設し安定した在宅での生活を支援できる地域に根ざした医療看護を目標として実施しておりました。

 自宅でのリハビリテーションも大切ですが機能訓練の機器を充実させた施設でのリハビリテーションを提供したいと考え当施設を開設致しました。

 デイサービスセンター乱立の中、個別的なリハビリテーションに特化していると主張する施設が多数散見されますが満足な評価・治療が提供出来ていない施設様も存在しているは残念な事実とも考えております。

    当センターでは利用者様への個別評価・個別リハビリテーションに力を入れたくリハビリテーションの専門職である理学療法士を多数配置しております。

 近年、死亡率第3位の肺炎に対しても早期の呼吸機能評価により未然に防げるものもあると考えております。必要があれば医療機関様と連携し呼吸理学療法での予防的なリハビリテーションにも力を入れて行きたいと考えております。

 まだまだ改善の可能性のある方、自分の思い描いた生活を取り戻せるように職員・利用者様が機能改善に取り組めるような環境作りをしていきたいと思っております。

各関係機関・利用者さまに愛される施設を目指して日々精進していく所存です。

Copyright (C) Valhalla All Rights Reserved